親族の方がなくなって自分 […]

相続の場面における不動産名義変更

親族の方がなくなって自分が相続人となった場合、土地や建物などの不動産名義変更をしなければなりません。

しかし、いきなり不動産名義変更や相続と言われても困る場合が多いことでしょう。

法律上様々な手続きをしなければならないからです。

とりあえず書店に行って相続の本を買って…などと思っている方のために、相続から名義変更までの流れを簡単に説明していきましょう。

まず、相続についてです。

これは民法上定められている一定範囲の親族のみが相続人となることができます。

プラスの財産のみならず、借金までも併せて引き継ぐことになりますので、相続放棄をするべきかどうか、被相続人の財産状況をしっかりチェックするようにしましょう。

名義変更をするためには、法務局で不動産登記をしなければなりません。

自分でできないことはありませんが、司法書士に依頼するのが通常です。

お金はかかりますが、さまざまな手間をかけてリサーチするような必要はありません。

変更後、売却した場合、所得税を払わなければならないのでこの点にも注意をするようにしましょう。

翌年の確定申告を忘れないようにしたいものです。

詳しくは税務署へ問い合わせをするようにするといいでしょう。

コメントは受け付けていません。