4月

21

不動産名義変更その前に・・・相続について知っておこう

不動産名義変更をする前に、様々なトラブルを避けるべく相続についての基礎知識を押さえておくようにしましょう。

もしかすると不動産名義変更をしたのに、実は自分に権利がなかったというケースも考えられますから。

相続をする権利を持っているのは、配偶者(夫婦)、子供(愛人との子供を含む)、父母、兄弟、場合によっては孫も含まれます。

詳しい配分のルールについては民法に定められていますのでチェックするようにしましょう。

相続は積極財産だけではなく、消極財産も対象となります。

多額の借金を被相続人が抱えていた場合、うっかり相続してしまうとマイナスになってしまうのこともあるのです。

このようなことを防ぐために、民法は相続放棄という制度を準備しています。

家裁に申し出をすると、相続をしないという選択をすることができるのです。

その他細かい不動産名義変更のルールは書籍等を参考にしてみてください。

お近くの司法書士事務所か、不動産名義変更手続きセンターに相談してみるのもよいでしょう。

Posted in 相続 | コメントは受け付けていません。

Comments are closed.